<< ナショナル・トレジャー | TOP | クロ高映画化 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 [- | - | - | Clip]
21g [21グラム]

人が命を失う時21gだけ軽くなる。
心臓移植待機患者の大学教授とその妻、信仰で更正した前科者とその家族、依存症から立ち直ろうとしている女性とその家族。1つの事故が彼らの生活を破壊し、そしてその事故によって彼らは交差する。

CAST
ショーン・ペン/ナオミ・ワッツ/ベニチオ・デル・トロ

「21g=魂の重さ」って事でレンタルしてきました。
内容がヘビィーなのにカット割の多さと時間が前後するので見ていて疲れる。正直しんどい。
「自分で下した決断が、俺の鏡だ」ってセリフが胸に響いたような気がする(笑)
 [DVD | comments(1) | trackbacks(2) | Clip]
スポンサーサイト
 [- | - | - | Clip]
コメント
トラバどうもです。ほんと同感です。バラバラで疲れますね〜
2005/04/03 9:17 AM by oocu
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://otokomiti.jugem.cc/trackback/201
トラックバック
2005/04/03 9:14 AM
「命が消えるそのときに、人は21グラムだけ軽くなる」…心臓移植待機患者(ショーン・ペン)の大学教授とその妻、信仰で更正した前科者(ベニチオ・デル・トロ)とその家族、依存症から立ち直ろうとしている女性(ナオミ・ワッツ)とその家族。1つの事故が彼らの生活を
ARts60 brog
トラックバック
2005/07/11 10:50 PM
「21g」? 誰もが皆、21gだけ軽くなって、あの世へ行くらしい・・。 チョコバー1本の重さと同じ21gが、果たして軽いのか、はて重いのか・・。 この映画、21gは重いと言っておる。 心臓の移植から始まる、絡まる3人。 移植をする者。 移植さ
Five seasons